スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スーちゃんも アンちゃんの症状を是非聞きたい!
2010年09月09日 (木) | 編集 |
こんぬつは。


窓を強く閉めたら、開かなくなってしまった、おみぬです。ブヒ






では、ブログに(´▽`)









アンちゃんの病院の続きです。


先生からアンちゃんの、検査の結果を聞き、

みんな黙って、フムフム・・・・。


おみぬは馬尾という名前の症状ってあるんだ…と思いながら、聞いていますた。


そして、アンママさんが、今後のことについて、いろいろ聞くだろう!と、

思っていたら、そのまま黙って、突っ立ったままですた(爆)


その時の状態を歌で表すならば・・・・



立ちぼぉ~~けぇ~♪

立ちぼぉ~~けぇ~♪

ある日せっせと、診察に~。

そこへおみぬがとんできて~

笑いころげた、立ちぼぉ~~けぇ。



ほげぇ~ (゜p゜)


…ってなんで、まーこさん何も聞かんの!?w


ま、、、

まさか、また頭の中、パニックだったのかな (^。^;


それか、腫瘍じゃないってことの喜びで、頭いっぱいなのかな(爆)


ま、いずれにせよ、おみぬの中には、疑問がいっぱいw


なので、先生に代表質問しますた!!


おみぬ: はい!質問します!(・o・)ノ

せんせー: はい、所属と名前を言ってからどうぞ。


おみぬ: ゴル民党の、みぬ山みぬ子です。

せんせーは、先ほど、馬尾とおっしゃいましたが、

腫瘍(骨肉腫)の可能性はないんでしょうか??

2番じゃダメなんでしょうか?(←なんで蓮舫やねん


先生: たぶん、大丈夫でしょう。

今日のアンちゃんの状態を見ると、腫瘍の可能性は低い。

腫瘍は数日で小さくなるなることはない、だから腫瘍が原因ならば、こんなにも歩けないはず。

しかも、今日の触診では、どこも痛がらないし。

それに、4歳という若い年齢的に考えてもね。。。



・・・・なるほど。


では、次の質問です。

おみぬ: もしも馬尾だとしたら治療法はあるんですか?

先生: もし馬尾で悪化したなら、治療法は、内科的治療(薬投与)で、それがダメなら、手術。


ただ、馬尾は自然に治るものではないらしい・・・ほぅ。。。



では、次の質問です。

おみぬ: サプリ等飲んだ方がいいんですか?

先生: サプリを飲んで治ることはないが、今後の悪化を防ぐためにはいいかも。

例えば、コンドロイチンとか飲むといいかもですね。


やはりサプリって効果あるんだ・・・・




では、次の質問です。

おみぬ: やっぱり今後も激しい運動はしない方がいいんですか?筋肉とかつけたほうがいいですか?

先生: 激しい運動はやめた方がいいでしょう。ただ、日常の散歩や走るくらいは大丈夫です。

筋肉もつけた方がいいにこしたことないけど、足腰に負担のかかる激しい運動は避けるべきですね。

特にジャンプはやめてください。


ジャンプ禁止となると、マガジンならいいのかな(…違



では、次の質問です。

おみぬ: 普段、ワンプロ(ベリーちゃんと)よくするんですが、それも止めた方がいいですか?

先生: うーん…そればっかりは、ワン同士の楽しみもあるしねぇ(笑)

あまり、急にあれもダメこれもダメでストレスになってもいけないので、ある程度なら。。。w



じゃ、おみぬとなら、大丈夫ってことかな(違。



では、次の質問です。

おみぬ: もう少し痩せさせた方がいいですか?

先生: そんなに太ってるわけじゃないから、今のままでもいいだろうけど、

太るのはやめた方がいい。足腰の負担を思うと、もう少しくらい痩せても大丈夫かな。


おみぬも一緒に痩せなさいってことだな(ボソ




では、最後の質問です。

おみぬ: もっと精密な検査(MRIとかCTとか)しなくても大丈夫ですか?

先生: うーん、現状ではどのへんが患っているのかわからない…

例えば、MRIをするにしても、どこが患っているのか解らないとなると、

検査をする時、大型犬の場合大きいので、胴体部分を3つ程度に分けて、

MRIをしなければ、細かく見ることができない。

そうなると、かなり時間もかかるので、長時間の麻酔もしないとダメになるし、

身体への負担も大き過ぎる。

もしするなら、場所がある程度特定できた時かな・・・・



おみぬみたいに、デブだと尚更MRIの検査箇所が多くなるってことだな…;




こんな感じで、おみぬが疑問に思うこと、いろいろと先生に質問攻めしました(笑)


しかも!!!


診察室で、先生の真ん前に座って、説明を聞いていたのは、おみぬ(爆)

アンママさんはと言うと、横で立ってフムフムと(笑)


たまたま、座った位置が、先生の目の前だったんですよw

ま、ちまたでは遠慮せずドカっと座ったと、噂になってますが(爆)

ちなみにおみぬの横には、桃っちが座ってました(笑)


しかも、いかにもアンちゃんの飼い主と間違われてもおかしくないほど、

あーですか?こーですか?と心配げに聞きまくってるおみぬwww

それに、先生も、おみぬの顔を見ながら丁寧に説明してくれてますた(爆)



先生…飼い主間違ってないよね??爆


いや、、、実は飼い主はアンママさんだと解っていて、

あまりにも、前回の診察で、「骨肉腫」という言葉に、頭が真っ白になったアンママさんを見て、

アンママさんに説明するよりも、おみぬに説明した方が、解ってもらえると判断したのでしょうか(爆)



ま、いずれにしても、先生はずっとおみぬに説明をしていましたw



結局、アンちゃんの診断結果が、馬尾かもしれないということ。

今後、様子を見て、もしさらに痛がるようであれば連れてきてくださいとのことでした。


馬尾も、自然と治るものではなく、進行性があるらしいけど、

とりあえず、大きな病気(命にかかわる病気)でなくて、本当によかったです。

それに、まだ馬尾と決定したわけでもありません。



今言えるのは、まだまだ若い4歳のアンちゃんが、

命にかかわる大きな病気の可能性が低く、まだまだ元気でおれるという、喜びだけで十分です




DSCF7388.jpg


DSCF7386.jpg


DSCF7380.jpg


DSCF7407.jpg


ほんま、元気ならそれでいい。

命に別状がないなら、ただそれだけでいい。


ほんまに、ほんまに心からそう思えた日でした。



以上、アンちゃんの診察結果でした (・∀・)



 ↓アンちゃんがこれからも元気でいてくれるよう願う、スーちゃんに、ワンクリックお願いします

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ

ブヒっとクリックしてブログ村に行くと楽しいよ!



ついでに人気ブログランキングにGO!








スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。